THE FACTORY 3 -Blue Ocean Blue Sky-

スクリーンショット 2014-01-29 15.24.40

THE FACTORY 3
Blue Ocean Blue Sky うみとそらのものづくり

会期:2014年3月1日(土)— 3月23日(日)10:00-17:00
場所:象の鼻テラス

*期間中のイベントプログラムは随時更新していきます。

スローレーベルの『THE FACTORY』は、象の鼻テラスに多様な人々が集い、手仕事をしながらスローなひと時を楽しむ、年に一度の参加体験型展覧会です。

今年度、スローレーベルは、横浜市金沢区にある“金沢漁港” で、海の職人たちに出会い、「スロー漁港~海辺のものづくり~」と題して新しいものづくりに挑戦しました。さらに、徳島県に渡り、自然豊かな土地で藍染に取り
組むスローな職人たちに出会い、幸せの青い鳥をイメージした新シリーズ「BLUE BIRD COLLECTION-MADE INTOKUSHIMA-」を共同開発しました。
これら二つの取り組みの集大成、ぜひ見に、参加しにおいでください。

【うみ編】
アートを介し、横浜市民と漁港を繋ぐ。
漁港でみられる様々な“ものづくり” を横浜市民や観光で横浜を訪れる人々に体験してもらいながら、そこで豊かに育まれてきた生活文化や古人の知恵を知ってもらう試みを、1 年間を通して実施してきました。漁網を自分たちの手で編んで漁に出てみたり、のり網をつくって実際にのりを収穫してみたり。その成果発表として、フードデザイナー中山晴奈を迎え市民スタッフ・漁港・中学校・福祉施設とともに開発した商品の発表と、映像作家池田美都によるドキュメンタリー『ひとひろはん』の上映会を行います。

■アーティストプロフィール

中山晴奈(フードデザイナー)
大学院在学中より「食とアート」を研究テーマに活動し、2004 年ケータリングユニット.automeal を設立。大学院修了後、NPO コミュニティデザインカウンシルでメディアリテラシーのワークショップ等を企画運営しながら、週末起業のかたちでケータリングと食のデザインの活動も継続。2008 年より情報と空間のスペシャリストstudioNODE株式会社に入社。NEXT KITCHEN として美術館のパーティーデザインと出張料理、ワークショップなどに活動の幅を広げる。

池田美都(映像作家)
多摩美術大学芸術学部映像演劇学科卒業後、映画の制作アシスタント、スタジオマンなどを経て、 アシスタントカメラマンとして映画やCM の撮影に参加。中山光一氏に師事した後、独立。PV やドキュメンタリー、映画など、ムービーの他、スチール撮影も行う。 イマジネーション豊かな作品を、刺激ある方々と共に創作していきたいと思っている。


【そら編】
この度、スローレーベルとawanowa/NPO とくしま障害者授産支援協議会は、天然藍染めの手法を用いた新シリーズを発表しました。
徳島県の障害者施設で取り組まれている藍染め。自然の原材料にこだわり、一つ一つ丁寧に染められた藍染めの糸や布を用いて、井上唯、岡田麻莉子、SAFARI inc. らとともに開発した「BLUE BIRD COLLECTION」。つくる体験を通して、藍を身近に感じて頂きます。井上唯による「そら」をテーマにした会場インスタレーション『雲ノ鳥』は参加者との恊働制作で展開します。

■アーティストプロフィール

okada mariko(アーティスト)
女子美術大学デザイン学科ヴィジュアルデザイン卒業。学生時代に文化刺繍と出会い、絵を描くように刺繍ができることから自ら「painting stitch」と名付け創作を行っている。記憶や思い出の蓄積が今の自分を生かし、未来へつなげるという想いと感覚で縫っている。

SAFARI.inc(デザインスタジオ)
古川智基と荻田純が主宰するデザインスタジオ。共にデザイン事務所勤務後、SAFARIinc. を設立し、企業や商品のブランディング、パッケージ、エディトリアル、プロダクトなどの幅広いフィールドでアートディレクションとデザインを手がける。
東京ADC、N.Y ADC、東京TDC など多数入選。

井上唯(アーティスト)
” 織” から始まった興味が、次第に空間へと広がり、特定の場に対してモノをつくることにおもしろさを感じるようになる。また移動生活を楽しむ一方で、ひとつの土地に根差してしかできないことがあることに気づき、湖と山と川に惹かれ滋賀県に移り住む。生活のなかでやりたいことと、制作とが繋がってくるとおもしろいなと思っている。