fbpx

アーティスト井上唯さん考案の、
編んでつくる"光るキノコ"ワークショップを開催する

企業・団体
向け

依頼する

アーティスト井上唯さん考案の、編んでつくる”光るキノコ”ワークショップを開催する
プライス

¥200,000~(応相談)
※実施時間、参加人数によって金額がかわります

編んでつくるキノコの
ワークショップで多様な
人々の出会いの場を
つくろう

特殊な糸を編んで、 一人ひとつの自分だけのキノコを作るワークショップ。ものづくりを通じて、多様な人々の出会いの機会を演出します。出来上がったキノコに電球を仕込んで会場に展示し、光るキノコのインスタレーションにすることもできます。スローレーベルのアカンパニスト(伴奏者)がお伺いして、一緒につくります。


[このワークショップについて]
このワークショップはアーティスト・井上唯が考案した、特殊なプラスチックの糸を編んでキノコを作るワークショップです。井上唯さんはヨコハマ・パラトリエンナーレにて同様の編みの技法を用い、多様な市民と協働で制作した作品『whitescaper』を発表。象の鼻テラスやパークを不思議な世界に作りかえる空間インスタレーションを展開しました。

アーティスト井上唯

1983年生まれ。金沢美術工芸大学大学院染織専攻修了。滋賀在住。人が自然と関わるなかで生み出してきた知恵や手仕事に惹かれ、織り・編み・染め・縫い といった手法を主に用いながら、そこに別の視点を引き入れることで、特定の場所に対して新しい何かを存在させるような制作を行う。各地で、滞在制作や、市民参加型の作品制作、ワークショップも行っている。主な展覧会:「瀬戸内国際芸術祭2016/SOKO LABO」(香川)、「PORT JOURNEY San Diego⇄Yokohama」2015(アメリカ、横浜)、「六甲・ミーツ・アート2013 芸術散歩」(兵庫)、「神山アーティスト・イン・レジデンス 2011 」(徳島)、「粟島アーティスト・イン・レジデンス 2010 / Autumn」(香川)、「奥能登国際芸術祭2017」(石川)

*ご依頼の際の注意事項

対象:小学4年生以上(原則)
制作の所要時間:おひとり30~40分程度

1名のスタッフで、同時に3〜5名の参加者の創作フォローできます。
派遣する指導スタッフの人数は相談の上、決定いたします。
その他、実施場所や目的にあわせてワークショップのアレンジが可能です。
お気軽にお問い合わせください。

TOP