3/2 【ワークショップ】 イスラエルNalaga’at Centerの事例から障害のある人との創作活動を考える

個人向け

参加する

3/2 【ワークショップ】 イスラエルNalaga’at Centerの事例から障害のある人との創作活動を考える
  • 日時2019年3月2日(土)11:00-16:00
  • 場所神明いきいきプラザMAP
  • 定員10名程度
  • 申し込み対象:視覚障害者、聴覚障害者、盲ろうの方 。 応募者多数の場合、抽選 *港区民(在住・在学・在勤)優先
プライス

無料

申し込み

イスラエルの盲ろう、視覚障害、聴覚障害者が活躍する劇場・アートセンターでの創作プロセスを体験する

イスラエルより、視覚障害、聴覚障害、盲ろう者と作品創作を行うカンパニー「Nalaga’at(ナラガット)」で演出を行うオフェル・アムラム氏を招聘し、ワークショップとトークを開催します。ワークショップでは、身体表現を通してコミュニケーションの方法が異なる多様なパフォーマーと創作するプロセスを体験します。

講師:オフェル・アムラム(パフォーマー、演出家)
参加対象:盲ろう、視覚障害、聴覚障害の方で、パフォーマンスや身体表現に関心のある方
*必要なサポート、配慮のある方は、お申込み時にご記入ください。

――――
申し込み方法
Google フォーム(クリックするとgoogle フォームが開きます)

■FAX
件名を「ナラガットワークショップ参加申込」とし、
お名前、Fax番号、お電話番号、メールアドレス、障害種別及び必要なサポートをご記入のうえ、045-642-6132までお送りください。

■メール
件名を「ナラガットワークショップ参加申込」とし、
お名前お電話番号、メールアドレス、障害種別及び必要なサポートをご記入のうえ、project@slowlabel.info までお送りください。

締切:2019年2月21日(木)

* 日英逐次通訳、手話通訳あり
* 本ワークショップは見学可能です。見学希望の方はこちらよりお申込みください。
*時間が変更になる可能性があります。その場合は申込者に事前にご連絡します。
*本事業は「SLOW MOVEMENT SHOWCASE & FORUM vol.3におけるワークインプログレス」の一環として実施しています。

 

パフォーマー、演出家オフェル・アムラム

1977年生まれ。2001Nissan Nativ Acting studio卒。2001年~2004年までHabima Ensembleのパフォーマー、俳優、パペティアーとして30以上の作品に出演。2006年の初演出作品である大人向け人形劇“A Tale of a Lonely Man” は各種賞や国際フェスティバルの招聘を受ける。以降、多様なコラボレーションによる作品を多数演出。2016年にNa Laga’at Centerにて聴覚障害者、視覚障害者、盲ろう者とともに制作した作品「Edgar」を発表。ナレーターや声優、俳優の養成や3-5歳の幼児向けに身体活動も教える。

主催構成

主催 : 文化庁(平成 30 年度戦略的芸術文化創造推進事業)、スロームーブメント実行委員会
特定非営利活動法人スローレーベル
共催:港区(平成30年度文化プログラム連携事業)
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:スパイラル/株式会社ワコールアートセンター
beyond2020認証プログラム

TOP