fbpx

11/17 「文化ふっとつ!ステージショー」Onna Matsumushi(女松虫)を観に行く

個人向け

参加する

11/17 「Onna Matsumushi(女松虫)」を観に行く
  • 日時2019年11月17日 10:00~16:30
  • 場所新潟県民会館 小ホールMAP
プライス

無料

募集終了

インクルーシブ・ダンスデュオが描く「とけあう」世界

第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会のプログラムの一部として開催される「文化ふっとつ!ステージショー」にて、「Onna Matsumushi(女松虫)」が上演されます。

【開催概要】
日時:令和元年 11 月 17 日(日)10:00~16:30
会場:新潟県民会館小ホール
〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町 3-13
TEL:025-228-4481 FAX:025-228-4484
入場料:無料
主催:文化庁 厚生労働省 新潟県 第 34 回国民文化祭、第 19 回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会
詳細はこちら

お申込み・問い合わせはイベント主催者へお問い合わせください。
第 34 回国民文化祭、第 19 回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会事務局
〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1(新潟県文化振興課内)
TEL 025-280-5987 FAX 025-280-5221
E-mail:ngt030120@pref.niigata.lg.jp
ホームページ:https://niigata-futtotsu.jp/

 

【作品情報】
『Onna Matsumushi(女松虫)』
(アジア太平洋障害者芸術祭「TRUE COLOURS FESTIVAL」出品作品)
演出           : 金井ケイスケ
振付・衣装ディレクション : ソンシリー・ジャイルズ
出演           : 定行夏海、森田かずよ
衣裳制作         : 武田久美子
音楽           : ジェローム・バウアー
プロデュース       : 栗栖良依(SLOW LABELディレクター)
*本作は、日本財団DIVERSITY IN THE ARTS による事業の一環として制作された作品です。

・作品コンセプト
時空を超えた体の出会い。全ての人の体、DNAに刻まれた記憶。
体の根源から湧き出るエネルギーが共鳴し合い、水の流れのように綿々と続く人類の遺伝子が響きあう。
解き放たれ、ふたりの体と魂が混ざり合い、時空を超えて広がっていく。
いつかどこかで出会ったふたりの既視感。短くもはかない夜の物語。
モチーフとした、能の「松虫」という作品は、時空を超えて河原で語られる友情の話。
ラストには霊が友との想い出を語りながら、感極まって舞を舞う。観客も含めて友である、と暗喩的に謡われる作品。
客席と舞台をひとつの宇宙として包み込む、ワンネスな世界をお楽しみください。
金井ケイスケ

作品制作ドキュメントの動画はこちら

演出金井ケイスケ

サーカスアーティスト。SLOW CIRCUS PROJECTディレクター。中学で大道芸を始める。97年文化庁国内研修員として能を学んだ後、99年文化庁海外派遣研修員として、日本人で初めてフランス国立サーカス大(CNAC)へ留学。卒業後フィリップ・デュクフレ演出のサーカス『CYRK13』で2年間のヨーロッパツアー。その後、フランス現代サーカスカンパニー「OKIHAIKUDAN」をセバスチャン・ドルトと立ち上げ、ヨーロッパ、中東、アフリカなど35カ国で公演。2009年帰国。ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014に参加し、翌年、SLOW MOVEMENT事業たちあげとともにパフォーミングディレクターに就任。SLOW LABELが推進するヨコハマ・パラトリエンナーレ、ソーシャルサーカス事業のほか、パフォーミングアーツに関する事業全般の企画開発に従事している。Les Recollets2016 (パリ市/アンスティチュ・フランセ主催)受賞 。リオ・パラリンピック旗引き継ぎ式チーフ・アカンパニスト。SLOW MOVEMENT 「The Eternal Symphony 1st mov.(2015)」「wonder of view(2016)」「sense of oneness(2017)」「女松虫(2018)」演出。
http://keisukekanai.blog87.fc2.com/

TOP