fbpx

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020に参加する・応援する

個人向け

参加する

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020を応援する・参加する
  • 日時プレ会期:2020年夏 /本会期:2020年11月12日(木)〜11月28日(土)
  • 場所横浜市役所アトリウム(新市庁舎)/神奈川県民ホールギャラリー/みなとみらい本町小学校/ほか

"障害者"と"多様な分野のプロフェッショナル"による現代アートの国際展を開催!2/22にはプレイベントも

2020年11月、3度目の開催となる“障害者”と“多様な分野のプロフェッショナル”による現代アートの国際展「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020」が開催されます。

「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」は、障害のある方をはじめとする市民と、アーティストなどの多様な分野のプロフェッショナルとの協働により、新たな芸術表現を創造・発信する国際芸術展。「アートの力で、人々の出会いと協働の機会を創出し、障害の有無を超え、誰もが居場所と役割を実感できる地域社会を実現すること」を目的に、現代アートの国際展『ヨコハマトリエンナーレ』と対をなす“もうひとつ(パラ)”のトリエンナーレとして、3年に1度開催してきました。

2020年はこれまで主会場だった象の鼻テラスを飛び出し、横浜の街の各所で企画展示、パフォーマンス、ワークショップを展開! これからどんどん続報をおしらせしていきますので、ぜひHPやSNSをチェックしてください!

■ヨコハマ・パラトリエンナーレ WEBサイト https://www.paratriennale.net
■Facebook    https://www.facebook.com/paratriennale

 

【ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020 開催概要】
会期:プレ会期/2020年夏 (ドキュメント展示開催予定)
本会期/2020年11月12日(木)〜11月28日(土)
会場:横浜市役所アトリウム(新市庁舎)、神奈川県民ホールギャラリー、みなとみらい本町小学校 ほか

【1】 パフォーマンス
日程:2020年11月21日(土)・22日(日)
会場:みなとみらい本町小学校
障害の有無を超えて多様性のメッセージを発信するサーカス作品の公演。2014年から取り組んできた創作やパフォーマー/支援人材育成の集大成的作品を発表します。
※みなとみらい本町小学校との協働プロジェクトで、児童向けの講演・ワークショップ企画も進行中です

【2】展覧会
日程:2020年11月12日(木)〜 28日(土)
会場:神奈川県民ホールギャラリー
障害のある方とアーティストのコラボレーションによる作品の展覧会。 障害や共生社会についての新たな切り口を多様な形式の作品で提示します。

【3】フードプロジェクト
会場:横浜市役所アトリウム(新市庁舎) ほか
市内福祉施設とアーティストで共同開発する、食にまつわるプロジェクトを実施します。

 

<過去の開催の様子>
ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017「第2部〈発表〉 不思議の森の第夜会」

 

■寄付・協賛のお願い

ヨコハマ・パラトリエンナーレでは、開催趣旨に賛同いただいた方からのご寄付・ご協賛も募っております。ご興味をお持ちいただけましたら、公式HPをご覧ください(https://www.paratriennale.net/donation/

 

【プレイベントの予定】2/22「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020に向けて」

「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020」のプレイベントとして、トークイベントの開催を予定しています。
詳細は、後日HP・SNSで発表。ぜひ続報をチェックしてみてください!

トークイベント「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020に向けて」

日程:2020年2月22日(土)10:30〜12:00(予定)
会場:象の鼻テラス(〒231-0002 横浜市中区海岸通1丁目)
登壇者:栗栖良依(ヨコハマ・パラトリエンナーレ総合ディレクター/NPO法人スローレーベル理事長) ほか

 

TOP