fbpx

NEWS

【お知らせ】4/25~4/26 SLOW CIRCUS PROJECT初公演『T∞KY∞ ~虫のいい話~』開催決定!

2021 01/14 Thu

お待たせしました! 昨年、新型コロナウィルスの感染拡大の影響で延期になってしまった、日本初のソーシャルサーカスカンパニー「SLOW CIRCUS PROJECT」による初公演『T∞KY∞ ~虫のいい話~』が、ついに開催決定!

旅のサーカス団が迷い込んだのは「T∞KY∞(トーキョー)」という名の森。
そこには、それぞれの視点で世界を捉え、つながりあって生きる虫たちがいた。

障害の有無・年齢・性・国籍をこえて集結した人々による、未来の社会に向けた野外サーカス公演をお届けします。

<公演概要>
True Colors Circus
SLOW CIRCUS PROJECT
『T∞KY∞ ~虫のいい話~』

日程:2021年4月25日(日)26日(月)
時間:未定(公式サイトなどで追ってお知らせします)
会場:池袋西口公園野外劇場グローバルリングシアター
(池袋駅西口バスターミナル、東京芸術劇場に隣接)
予約開始日:4月初旬(予定)
料金:無料
 
<情報保障>(予定)
・車椅子席/通路側席あり
・補助犬利用
・日本語音声ガイド
・日本語英語字幕
・多目的トイレ
・筆談ボード
・会場案内スタッフ

※今回の公演は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策を万全にした上で実施いたします。
※また、公演開催に関しては、今後の政府の基本的対処方針などに基づき、必要に応じて公演の中止・延期の対応を行う場合があります。

クリエイティブプロデュース:栗栖良依
構成・演出:金井ケイスケ
文芸・音声ガイド:益山貴司(劇団子供鉅人)
振付:井手茂太
衣装・デザイン:矢内原充志
音楽:川瀬浩介
ヘアメイク:藤原一毅・石原桃子
会場装飾:おとぎ舎

主催:日本財団DIVERSITY IN THE ARTS、NPO法人スローレーベル
助成:公益財団法人三菱財団、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京


 

SLOW CIRCUS PROJECTについて
SLOW LABELより発足した、日本初のソーシャルサーカスカンパニー。
ソーシャルサーカスは、サーカス技術の練習や習得を通じ、社会性やコミュニケーション力を育むプログラムとして、世界各地で社会的マイノリティ支援に活用されています。
SLOW CIRCUS PROJECTは、2017年よりシルク・ドゥ・ソレイユのサポートを受け、世界各地のでソーシャルサーカスを実践する団体と連携しながら、障害のある人とのパフォーマンス創作、ワークショップなど国内での普及・実践に取り組んでいます。

 

SLOW LABELについて
SLOW LABELは国内外で活躍するアーティストとともに、コミュニティがかかえる課題を発掘し、さまざまな分野の専門家や市民・企業・行政をまきこんで、マイノリティの視点から社会課題を解決にみちびく、「もの」「こと」「人」のしくみをデザインします。生産性を重視しがちな社会に「スロー」な感性をとりもどし、じぶんたちのあり方を問いつづけ、変化をおそれずに、多様性と調和のとれた社会をめざします。

 

True Colors Festival- 超ダイバーシティ芸術祭 – について
True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしています。でも、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを展開していきます。


●プロフィール

クリエイティブプロデュース
栗栖良依(くりす よしえ)
SLOW CIRCUS PROJECTクリエイティブプロデューサー
「日常における非日常」をテーマに、国内外のアート・デザイン・エンタメの世界を横断するプロジェクトを多方面で展開。2010年骨肉腫による右下肢機能全廃で障害福祉の世界と出会い、翌年SLOW LABEL設立。2014年よりヨコハマ・パラトリエンナーレ総合ディレクター。2016年リオ・パラリンピック ステージアドバイザー。東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム クリエイティブディレクター。

 

構成・演出
金井ケイスケ(かない けいすけ)
サーカスアーティスト/SLOW CIRCUS PROJECT ディレクター
中学生で大道芸を始める。文化庁国内研修員として能を学んだ後、文化庁海外派遣研修員として、日本人で初めてフランス国立サーカス大(CNAC)へ留学。卒業後フィリップ・デュクフレ演出のサーカス作品でヨーロッパツアー後、フランス現代サーカスカンパニーを立ち上げ世界35カ国で公演。2009年帰国。2014年よりSLOW LABELのパフォーマンスプロジェクトに携わる。

TOP