fbpx

NEWS

【レポート】NPO法人スローレーベル2018年度活動報告会

2019 07/03 Wed

2019年6月3日(月)に東京・ちよだプラットフォームスクウェアにて、NPO法人スローレーベルの2018年度活動報告会を行いました。

実は法人としてこうした活動報告会を、理事や正会員だけでなく、活動に関心をもってくださるどなたにもご参加いただける形で行うのは今回が初の試み。

昨年度からSLOW PEOPLEという賛助会員制度を始めたということもあり、もっと我々の活動についてオープンにし、いろいろな方に知っていただきたいと思い、開催しました。

まず、栗栖良依から2018年度の活動内容について発表しました。

新事務所開設、ウェブサイトリニューアル、スペシャリスト制度新設などの2018年のトピックにはじまり、
ソーシャルサーカスにかかわる取り組みをメインに、ヨコハマ・パラトリエンナーレ関連事業のアクセシビリティ講座など受託事業での活動を、写真を交えてご紹介しました。
加えて、SLOW LABEL熊本(SLOW GELATO)やSLOW LABEL徳島(SLOW百掛店ほか)といった地方拠点での活動は、会場に起こしくださっていたSLOW LABEL熊本の土井さん、SLOW LABEL徳島の梶原さんそれぞれに、少しの時間ではありますが、お話ししていただきました。

SLOW LABEL徳島の活動について発表してくださっている梶原ひろみさん。

また、SLOW LABEL収入財源分析グラフもご紹介し、我々が目指す活動をおこなっていくための課題についてもお話ししました。
お金に関する問題は、多くのNPOでも抱えている課題。NPOとして社会的なミッションを実現していくために、自由度が高く持続可能な活動資金をどう担保していくことができるのか、現状はどうか。
こうした場でシェアすることによって、いろいろな方からお知恵をいただくことができればありがたいです。

最後に、ソーシャルサーカススクールの取り組みや、企業連携、SLOW PEOPLE(賛助会員)の募集など、少しずつ走り出している2019年度の展望についてお話し、報告会は終了。

今回も情報保障として、手話通訳さんに来ていただきました。
横浜市手話通訳奉仕団たつの会講師で、任意団体「和(なごみ)」を設立された前田房代さんをはじめとする皆様です。
手話通訳者の後進育成を目指している「和」。
たくさんの和メンバーの皆さんが報告会に参加してくださいました。

ささやかながら物販コーナーも設置し、SLOW LABELの商品も販売しました。
皆さんお買い上げありがとうございました!

報告会終了後は、懇親会を行い、皆様とあらためて交流を深めることができました。

来年度以降も今回の報告会での学びをもとにブラッシュアップし、
スローレーベルらしい報告会ができたらと思います。

そして、2018年活動報告書も完成しました!
昨年度のスローレーベルの活動がわかりやすくまとまっています。

【スローレーベル2018年度活動報告書(PDF)】

ぜひご覧ください!

(SLOW LABEL 西川)

TOP