fbpx

NEWS

【レポート】「みんなで絵本」~発表会までの歩み1~

2022 10/26 Wed

10月15日に座・高円寺にて発表が行われた「みんなで絵本」。
8月の出演者オーディションから、発表当日までの歩みをみなさまにご紹介します。


オーディションに参加してくれたみなさま *撮影時のみマスクを外しています

 

8月12日に『みんなで絵本』プロジェクトのオーディションが行われました。

『みんなで絵本』プロジェクトとは、みんなの「表現」の違いと「想像」の違いを楽しむ、新しい対話鑑賞型プログラムを開発する試みです。
これまでのスローサーカスプロジェクトが行ってきたソーシャルサーカスの公演とも違う、どこでも上演可能な機動力の高い作品を目指しています。

オーディションでは障害の有無に関わらず、高い創作意欲を持って分け隔てなく対話を行うことのできる方々を募りました。
特に、プロとして活動する意欲がある方という条件を入れたのが今回の特徴です。
ここでのプロの定義は、「専業(それだけで生計を立てていること)」という意味ではありません。
地域作業所や会社勤めなどで、生活や心身のバランスを整えながらパフォーマンスをする「副業・兼業」という、多様な働き方と生き方を想定しています。
8月12日は、書類審査から選ばれた14人によるワークショップ形式のオーディションが実施されました。

最後の公演の場でもある座・高円寺に続々と集まってきた参加者の皆さん

まずは全員でアイスブレイクをした後、3チームに分かれてそれぞれ童話を元に創作を行いました。
短い時間の中で、さまざまな個性を持った参加者とコミュニケーションを取りながら作品を形にしていく力が試されます。

創作のための時間はあっという間に過ぎ去り、それぞれのチームの発表の時間に。

手話を直接的に使い、作品のガイド的に使うチーム、手話とマイムを組み合わせた多彩な動きを魅せるチーム、演劇やマイムからのアプローチで想像力を刺激していくチーム、オーディション段階から多様な試みが見られました。

ワークショップの後、グループ面接を終えてようやくオーディションが終了。ここからの数ヶ月を共にするメンバーを決めていきます。

選ばれた演者たちの描くみんなが楽しめる絵本の世界をお楽しみに!

 

その2へ続く…


文化庁委託事業「令和4年度障害者等による文化芸術活動推進事業」
主催:文化庁、認定NPO法人スローレーベル
共催:杉並区、杉並区教育委員会
協力:NPO法人劇場創造ネットワーク / 座・高円寺、NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク

プロデュース:栗栖良依(SLOW CIRCUS プロデューサー)
演出監修:金井ケイスケ(SLOW CIRCUSディレクター / サーカスアーティスト)
チームリーダー:くるくるシルク(高橋徹・藤居克文・立川真也)
制作:山下円、和田海舟、徳川亮介
報道関係者の皆様からのお問い合わせ先
認定NPO法人スローレーベル 広報担当:塚原沙和
TEL・FAX 045-642-6132(平日10:00-17:00 FAXは24時間対応)
MAIL pr@slowlabel.info

TOP